インフルエンザが流行してきています

インフルエンザが流行してきています

今年はインフルエンザの流行が少し遅れているのか、昨年は当院ではほとんどインフルエンザの方はおられませんでした。当院で診断したインフルエンザの患者さんは2名だけ(1名は他府県で感染)だったのですが、今週に入って連日数名の患者さんが発生しています。当院のエリアでもインフルエンザが流行してきたようです。

この3日間で、周りにインフルエンザの方がいなかった、予防接種を受けた、という方でも発症していますし、それほど熱も高くなく念のために検査をしてみた方でもインフルエンザだったという方もおられます。怪しいとおもったら検査をおすすめします。発症48時間以内であればインフルエンザに対する薬の効果が見込めます。

なおインフルエンザの薬ですが、昨年3月に「ゾフルーザ」という新薬が発売されています。3月の発売だったので、昨シーズンに処方された方はごくわずかで、今シーズンから本格的に使われ始める薬だと思われます。

大きな特徴は、「たった1回錠剤を内服するだけでよい」ということです。しかも今までの薬よりも効果が高いだろうと言われています。

とはいえ当院でも処方をはじめたところで、効果についてはまだ未知数です。(そもそもインフルエンザが治ると患者さんは再診されないので、どのくらい効いていたかが把握しにくい。)

また、副作用についても臨床試験では特別目立ったものはなさそうなのですが、実際のところはこれから全国で使用されてどういう報告が出てくるかを見てみないとわかりません。

ですので、従来の薬もまだ十分候補です。上記のようなことを患者さんと相談して決めることになります。特にご希望のある方はお申し出ください。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA