学校検診が始まりました。

学校検診が始まりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通常は4月から6月頃に学校検診があるのですが、今年は新型コロナウイルス流行のため8月までは検診中止、9月以降に実施することになっています。

本日、近隣の幼稚園に今年度初の検診に行ってきました。検診についてはどういうスタイルですべきか迷いましたが安心感が第一と考え

 

・マスク、帽子、ゴーグル、ガウン、手袋着用

・診察器具は滅菌したてのもの、もしくは使い捨てのものを使用

・ひとり終了するごとに手指消毒

 

と、最大限配慮した方法で行いました。

白衣を見ると怖がる子供も多い(なので白衣を着ない小児科の先生も多いです)のに、ガウンやゴーグル、帽子などフル装備で怖がられずにスムーズに検診できるか少し不安だったのですが、先生方のご協力もあり問題なく終了できました。

 

もともと夏にかぜなどで調子悪くなる子は少ないのですが、今回はいつもの検診より明らかに調子の悪い子は少ない印象でした。幼稚園の先生も今年は明らかに夏かぜの子が少ないと言っておられました。各ご家庭で衛生状況にかなり気を使っておられる結果が感じられました。

その中で、改めて耳鼻科で診察したほうが良いだろうと言う子には指摘をつけています。耳あかの指摘も、鼓膜の状態が確認できない(中耳炎等の有無がわからない)、聞こえに影響が出ているかも、という状況の子につけています。ですので、何らかの指摘のあった子については当院もしくは近隣の耳鼻科への受診をおすすめします

 

診療所へ行くとかえってウイルスをもらうのでは、と心配される方も多いと思いますが、

当院では各種感染対策に加え、待合室の混雑を防ぐために先日から予約方式を時間帯予約に変更しています。ご来院の際はぜひご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。