慢性疾患に対する電話再診による処方継続について

慢性疾患に対する電話再診による処方継続について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*4/27追記

4/28よりオンライン診療を開始します。電話よりビデオ通話のできるオンライン診療のほうが望ましいと考えており、すでに電話に電話再診を利用された方も次回はオンラインでお願いしたいと思っております。なお、オンラインの場合LINE payなどでの決済ができ、処方箋原本も後日薬局に郵送するので来院していただく必要はありません。

ただしオンライン、電話再診ともに一定の手数料をいただきますのでご注意ください。詳細は他のブログ記事を御覧ください。

 

————————-

新型コロナウイルス感染拡大予防のための一時的な措置として、慢性疾患について以前から通院され病状が安定している方については同じ薬を継続する場合、電話での診察のみで処方箋を発行し、処方箋情報を薬局に診療所からFAXすることで、当日は診療所には来ていただかなくても薬局で薬を受け取ってもらえるようになりました。

(電話診察代と処方箋発行料が発生します。1ヶ月以内に来院していただきお支払いをしていただくのと、処方箋原本を受け取って薬局に届けていただく必要があります。毎月受診の方は翌月の受診時でも構いません。)

 

対象の方

・当院に以前からおかかりの方で、病状の安定している方

・最近2ヶ月以内の受診内容と同じで、投薬継続が必要な場合

・具体的には、アレルギー性鼻炎(花粉症含む)、舌下免疫療法、慢性めまい症、耳鳴症、甲状腺機能低下症、その他診察時に対象になると説明のあった場合になります。

 

・病状に変化のあった場合は通所の来院による対面診察が必要となります。また内容により電話での処方をお断りする場合もありますので予めご了承ください。

保険証に変更のある方は通常の受診をしていただく必要があります。

・最大30日の処方となります。

 

対象の方は、ご希望される薬局が「電話受診による診療所からのFAX送信での調剤」に対応しているか事前にご確認をお願いします。

 

方法

075-861-7080まで診療時間内にお電話をお願いします。

 「電話再診での薬継続を希望」の旨、お名前と患者番号、

お薬をもらわれる予定の薬局名とFAX番号をお伝え下さい。

医師に内容を確認します。

診察室の込み具合によって後ほど折返しのお電話とする場合があります。

処方箋をご指定の薬局に当院よりFAXで送信します。

薬局でお薬をお受け取りください。

処方箋の有効期限は発行日を含めて土日等を含み4日間ですのでご注意ください。

 事前に薬局に確認の連絡をしていただいたほうが確実で待ち時間も少なくすみます。)

 

1ヶ月以内にご来院いただき、お支払いと処方箋の原本の受け取りをお願いします。(毎月定期的に来院されている方については、次回受診時で構いません。)処方箋原本については薬局にご自身で届けていただくようお願いします。

 

 

以上は新型コロナウイルス感染拡大防止のため院内での滞在時間を少なくし感染の機会をできるだけ少なくするため、一時的に厚生労働省から許可されたものです。

今後も制度や院内ルールの変更が考えられます。その際は当ホームページでお知らせしますので、常に最新情報の確認をお願いいたします。

(4月7日変更:処方箋原本を取りに来ていただくのを1ヶ月以内なら可としました。)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。