新型コロナウイルスに対する抗体検査について

新型コロナウイルスに対する抗体検査について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス(SARS-Cov-2)に対する抗体検査を開始します。

現在の感染を調べるPCR検査や抗原検査とは違い、過去の感染の有無を確認する検査です。

 

現在のところ保険診療としては認められておらず、自費診療で費用は6500円(税込み)となります。

予約制で行います。

診療時間内の10時から11時半の間、17時から18時半の間で行います。

ご希望の方はお電話もしくはLINEメッセージで希望日時をお伝え下さい。

(LINEの場合は、お名前、電話番号、生年月日、検査希望日時をお伝え下さい。)

 

・カナダArtron社製迅速検査キットを使用します。

・感度93.4%  (本当に陽性の方のうち、93.4%の人がこの検査で陽性となる。)

 特異度97.7% (本当に陰性の方のうち、97.7%はこの検査で陰性となる。)

 と高い精度が報告されています。

 (ただしごく一部の人は間違った判定になる可能性があることに注意が必要です。)

指先からのごく少量の採血で20分で結果が判定できます。(子供でも可能です。)

・現在の感染を判定するものではなく、あくまで数ヶ月以内の感染があったかを確認するための検査です。

・そのため発熱や咳が続く、嗅覚味覚障害など風邪症状が有る方は検査を受けていただけません

(予約されていた方でも当日の検査をお断りする場合があります。)

 

《抗体検査とは》

ウイルスなどの病原体に感染したとき、人体の中ではこれらに対抗するために抗体という物質を産生します。これがあることで病原体に対する免疫力があるかを判定できます。抗体には何種類かありますが初めての病原体に感染したとき、数日から1週間程度でIgMという種類の抗体が産生されます。引き続いてIgG抗体が産生されます。IgM抗体は消失しますが、IgG抗体は長期間持続します。(ただし新型コロナウイルスについては詳細がわかっていません。)このため、現在の感染というよりも過去の感染について把握するための検査です。

 

《このような方が主な対象です》

2週間以上前にかぜのような症状があったが、新型コロナウイルスにかかっていたのか知りたい。

無症状だが、新型コロナウイルスにかかっていたのか知りたい。

会社の指示や業務上の都合などで、抗体の有無について把握しておく必要がある。

 

《検査の流れ》

①検査を希望される方は電話(075-861-7080)、もしくはLINEで希望の日時の予約をお願いします。LINEの場合は後ほどスタッフより確認メッセージを送ります。

②予約の日時にご来院ください。保険証もしくは身分証をお持ちください。

(通常の診察もご希望の方は、診察予約の時間が優先となります。)

③申込書・同意書に必要事項を記入していただきます。

④指先の皮膚を細い針で刺し、少量の血液を採取します。

⑤20分間お待ちいただいたあと、結果説明、お会計となります。(各種キャッシュレス決済可です。)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。